セフレ探し

セフレ探しって、結婚相手を探すより慎重にしないとダメだよね・・・。
私、若い時にぱっと結婚しちゃって、婚活って婚活はしてないの。
さらに言うなら、恋という恋もしてないし。
30過ぎて、一応不妊治療もしたんだけど、子供はできなくてね。
それで、まだ相手も若いし、今からなら間に合うかもしれないからって説得して離婚したんだ。
彼は、離婚しなくてもいい、子供がいなくてもいいって言ってくれてたんだけど、義理母さんがね・・・。
私もちょうどその頃、友達が会社作って、手伝ってくれないかって言ってくれてさ。
フルタイムで働いて、家事までできる自信なかったから一人になりたかったのよね。
今は、一人の生活慣れて、それなりに楽しいけど・・・
だからこそ、セフレ探しでもしようかなと思ったりしててね。
セフレ探し
会社作った友達も独身なんだけど、ずっと付き合ってる相手はいるんだ。
それで私のことも心配してくれて、セフレ探しを勧めてくれたのも彼女。
背中押されると、私もその気になっちゃってね。
だけど、実際セフレ探しって結構面倒なのよ。
結婚相手の場合だったら、そこそこの容姿、そこそこの性格、そこそこの相性で、お金に不自由してないことくらいは気にするじゃない?
だけど、セフレ探しの場合は、容姿はそこそこ以上は期待する。性格も、セフレ探しとなると、こだわってしまうわけ。
だって、せっかく楽しい時間を一緒に過ごすのに、不愉快な人じゃ嫌でしょ?
だから、結局わがままになってしまって、セフレ探ししてるけど、相手が見つからない。
神待ちサイト
神待ち少女

性奴隷

たまたま付き合った女の子が処女だったの。
それで、初めてをもらうのに抵抗があったんだけど、彼女の方から「抱いて」って言うから、初めてをもらっちゃった。
だけど、それ以来、彼女、セックスの快感にはまっちゃって。
まるで性奴隷だよ。
性奴隷っていっても、俺に対する性奴隷じゃなくて、本当の意味での「性」の奴隷。
頭の中セックスのことばっかりって感じで、セックスにとらわれてるような、そんな感じ。
俺のこと、セックスの道具としてしか見てないんじゃないかって心配になったよ。
最初はうれしかったんだよ?処女の彼女で、俺のセックスのとりこになって、セックスの快感も俺が教えたって思ったら、誇らしかったし。
だけど、彼女一人でセックスで暴走するようになって、卑猥な言葉とかも平気で言うようになったし、冗談や風の会話の時も、下ネタばっかり言うようになって・・・。
処女だったのがコンプレックスだったのかもね。
ナース 中出し
それでやっと処女を卒業したから、ちょっと粋がってしまったのかな・・・
結局、性奴隷、つまりセックスの虜みたいになって、俺の友達とも関係持つようになって・・・。
さすがにそこまで暴走されると、もうお手上げだったよね。
最初は普通の子だと思ってたんだけど、セックスで人格変わっちゃったみたい。
俺が仕込んだなんて最初は思ってたけど、あれは違うよ。
もともと性欲の強いタイプの女で、それがずっと処女で鬱屈した何かが急にはじけたって感じだよね。
男と女って、性欲の強さのバランスがとれてないとダメなんだなと実感した。
生ハメ
即マン

セフレ

JKリフレとか、そういうの一時期あったでしょ?
恥ずかしい話、俺、そこの常連だったの。
本物のJKがいるとは思わなかったし、みんなコスプレ感覚でJKやってるんだと思ってたから、いけないことをしてる感覚はまるでなかったよね。
その店も、今はもうないんだけど、その後にそこで働いてた自称高校生と再会して・・・
表参道でばったり会った(笑)
なつかしーみたいな感じで最初は思い出話したり、裏話聞かせてもらったりしてたんだけど、やっぱりその子、ちょっとお金に困ってたみたいで。
向こうからセフレ関係求めてきたの。
まぁ、こっちもそういうの嫌いじゃないし、提示された額も妥当だったから、しばらくセフレ関係だったよね。
セフレ 探し
その時、彼女はすでに21くらいだったんだけど・・・
後から逆算すると、JKリフレでバイトしてた時、やっぱり彼女、JKだったんだよね。
「中にはJCもいましたよ」って後で聞かされて、「マジで?」ってびっくりした。
彼女は部活感覚、文化祭感覚でバイトしてたって言ってた。
まぁ、そういう世代はそうなのかもね。
だけど、そのJKリフレみたいなのがきっかけで、結局元客とセフレ関係って、ちょっとアレだよね。
この先、この子どうするんだろって思ったら、何気に心配になってさ。
俺とセフレ関係でいても、発展性ないじゃん。
俺が、どこかの会社経営してるとかだったら、コネとかで就職させてあげるとかできるかもしれないけど、そういうのないからさ。
セフレでちょっとお小遣いあげるだけじゃ、彼女の将来にいい影響って与えられないよ。
まだ若いに、なんか哀れ。
セックスしたい
浮気したい

パトロンの意味

性奴隷と言う言葉は飛躍し過ぎながらも、僕は彼女を散々おもちゃにしてきた。
中学生の頃からだからもう10年になろうか。
初体験はもちろん彼女だし、それからエロ本やAVで仕入れた知識はとりあえずまず彼女で試してみた。
僕が性欲でムラムラしてくると、彼女を電話で呼びつけてはセックスをしていた。
僕には恋人がいた時期もあったが、そんな時でも裏では彼女とセックスをしまくっていたくらいだ。
しかし、彼女はひとつも拒まなかった。僕から声がかかると、飼い犬がしっぽを振るように僕のもとへやって来た。
ずいぶんとひどいことを言った記憶もある。それでも、彼女は僕の要求を一切断らなかったのだ。
ああ、こいつはバカなんだなあ、と僕は思っていた。
正直な話、ルックスはそれほど良くない。僕にとっては「すぐにやらせてくれる女」にしか過ぎなかった。
高校卒業後、僕は大学へと進み、彼女は地元の企業に就職したが、それでも僕たちの関係は変わらなかった。
「○○君は、私のパトロンだから」
パトロンの意味
なんてことを彼女は言っていた。言っておくが、金銭的な関係ではない。一方的な僕の性奴隷だ。
パトロンの意味を知って彼女は言っているのだろうか?と思った。バカだから仕方ないな、とも思った。
そして、僕も就職をした。なんて事のない会社だ。僕と彼女の関係はずっと続いていた。
人生は上手くいかない。僕も初めての就職で人間関係に苦しみ、好きな女の子から振られたりと、ろくなことがなかった。
そんな時は、彼女を呼びつけて僕はセックスした。
彼女は仕事が楽しいと言う。上手くいっていない僕を差し置いて楽しいとは何事だ、と僕は彼女に当たり散らしたりもした。
すると、彼女は「ごめんね、ごめんね」と必死に僕に許しを請うた。
パトロンの意味って何だろう?少なくとも、僕は彼女に何も援助をしていない。こうまで僕に尽くしてくるこの女はいったい何を考えているのだろう?
彼女はここ10年間、僕以外の男には見向きもしなかったはずだ。僕は、女の体にしか興味のないこんなにひどい男なのに。
ふと、そんな彼女に愛しさが沸いた。僕が辛いときも悲しい時も、彼女はずっと僕に応えてくれた。僕はひょっとして最大の理解者を邪険にしていたのではないか。
しかし、彼女の言葉は変わらなかった。
「○○君は、私のパトロンだから」
パトロンの意味を考えた時、10年間、この発言を一貫している彼女に僕の背筋はヒヤリとした。
円光
ホ別いちご