センズリ鑑賞

「センズリ鑑賞って、何?」
ミチルちゃんは、体を僕に向けて興味津々に聞いてきた。
僕とミチルちゃんは1回戦を終えてベッドの上でぐったりしていたところだ。
僕たちは援助交際の仲だ。ミチルちゃんは、うつぶせに寝転ぶとおケツのラインがもこっとしているかわいい女の子である。
「部活でグラウンド13週走らされちゃって、今日はクタクタ」などと言いつつ、天ぷらうどんを食べさせたらすっかり復活して、ホテルに入るなりさっそくこなしたところだ。若いっていいな。
センズリ鑑賞は僕もAVでしか見たことがない。かわいい子の前でセンズリ行為をして性的興奮を高めるという行為だ。
「ああ、男のひとって、見せたがるし、見たがるよね?」
ミチルちゃんは、すっかり萎えてしまった僕の租チンに目をやりながら言った。
僕にはそう言う性癖はないが、男の気持ちがわからないでもない。女の子に自分のチンコを見せたいという欲求はどこかにあるのだ。僕は、ぴったり閉じられたミチルちゃんの陰毛の向こうを想像しながら答えた。
オナニー 相互
ミチルちゃんの言う通り、男は基本的におまんこ鑑賞は大好きだ。女の子は男と異なり大事な部分は股の間に隠れている。隠されているものはどうしても見たくなるではないか。しかし、男のように自分から見せつけてくるような女の子には出会ったことはない。もし、いたらいたで引いてしまうが。
「私、これでお金貰ってるから見せるのは全然かまわないけど、もし好きな人ができたら、やっぱり見せたくないかな?」
ミチルちゃんの腿と腿の間がキュッと閉じられたような気がした。ああ、見透かされている。
「男のひとって外に出ているから隠しようがないよね」
ミチルちゃんは、そう言って僕の租チンに顔を近づけると、両手で頬杖をついて凝視を始めた。
「見られて興奮する?じっと見ておいてあげようか」
意地悪そうにミチルちゃんが言う。いや、僕はそんな趣味はないから・・・と言おうとした時、股間に変化を感じた。
僕の租チンを、かわいい女の子がまなじりを一瞬も逸らさずに覗き込んでいる。あれ?何だか下半身が熱くなっていくぞ。
次の瞬間、萎えていた僕のモノがみるみると太く硬くなって天に聳え立った。そんな趣味はないはずなのに!
「立ったー!チンコが立ったー!」
どこぞのアルプスの少女の様に喜んでいるミチルちゃんに、僕はまた一つ、新たな性癖を開発されてしまったようだ。
テレセ
センズリ鑑賞